精神の煮こごり。

毎日一回以上更新。次の目標は三ヶ月継続!

読書感想

【九十五日目】読書感想 ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』

女の生と性。 今回読んだ本はミランダ・ジュライ(岸本佐知子訳)『いちばんここに似合う人』。短編集だ。しかし、"No one belongs here more than you"という原題は、いかにも英語的ニュアンスに満ちたタイトルでかっこいい。 いちばんここに似合う人 (新潮…

【八十五日目】読書感想 都甲幸治『世界の8大文学賞』

えーと、感想というか自分にとっての備忘録も兼ねて。 今回読んだ本は、都甲幸治『世界の8大文学賞』。対談集です。かなり読みやすい(軽い)本で、数時間で読み終わりました。時事ネタ的な、最近出た本や話題の本を扱っていることもあり、出版されて 間もな…

【六十一日目】読書感想 小暮真久『20代からはじめる社会貢献』

先日、ある映画を見た。『パッドマン 5億人の女性を救った男』という映画だ。 あるインド人男性が女性用の生理用品の開発と普及に奮闘する物語である。21世紀の現代でも、インドの多くの女性は生理の際にナプキンを使うことができない。外国製ゆえに非常に高…

【五十日目②】読書感想 西山雅子『"ひとり出版社"という働きかた』

こんにちは。もりひびきです。 今回紹介する本は西山雅子編『“ひとり出版社”という働きかた』です。 “ひとり出版社"という働きかた 作者: 西山雅子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2015/07/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (10件) を見る …

【四十五日目】読書感想 工藤律子『ルポ 雇用なしで生きる』

こんにちは。もりひびきです。 今回紹介する本は工藤律子『ルポ 雇用なしで生きるーースペイン発「もうひとつの 生き方」への挑戦』です。 ルポ 雇用なしで生きる――スペイン発「もうひとつの生き方」への挑戦 作者: 工藤律子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売…

【四十三日目】読書感想 藤谷治『小説は君のためにある』

こんにちは。もりひびきです。 今回紹介する本は藤谷治『小説は君のためにあるーーよくわかる文学案内』です。 小説は君のためにある (ちくまプリマー新書) 作者: 藤谷治 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/09/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ…

【四十一日目②】読書感想 パトリシア・L・ダフィー『ねこは青、子ねこは黄緑』

こんばんは。もりひびきです。 今回紹介する本はパトリシア・リン・ダフィー(石田理恵訳)『ねこは青、子ねこは黄緑』です。硬派な学術書というよりはエッセイ寄りの本ですね。 ねこは青、子ねこは黄緑―共感覚者が自ら語る不思議な世界 作者: パトリシア・…

【三十九日目】読書感想 高田侑『汚れた檻』

こんにちは。もりひびきです。 今回紹介する本は高田侑『汚れた檻』です。 ネタバレは多少ありますので注意! 汚れた檻 (角川ホラー文庫) 作者: 高田侑 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2015/03/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを…

【三十五日目】読書感想 P・G・ウッドハウス『ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻』

こんにちは。今回紹介する本はP・G・ウッドハウス(岩永正勝・小山太一訳)『ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻』です。ネタバレはなし! ジーヴズの事件簿―才智縦横の巻 (文春文庫) 作者: P.G.ウッドハウス,P.G. Wodehouse,岩永正勝,小山太一 出版社/メーカー:…

【三十四日目】読書感想 田濤・呉春波『最強の未公開企業 ファーウェイ』

こんにちは。もりひびきです。 今回紹介する本は田濤・呉春波(内村和雄訳)『最強の未公開企業 ファーウェイ』です。 最強の未公開企業 ファーウェイ: 冬は必ずやってくる 作者: 田濤,呉春波,内村和雄 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/02/13 …

【三十三日目】読書感想 工藤律子『マラス 暴力に支配される少年たち』

こんにちは。もりひびきです。今回紹介する本は、工藤律子『マラス 暴力に支配される少年たち』です。 マラス: 暴力に支配される少年たち (集英社文庫) 作者: 工藤律子 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2018/11/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見…

【二十七日目】読書感想 本田由紀『多元化する「能力」と日本社会』

こんにちは。 今回紹介する本は本田由紀『多元化する「能力」と日本社会――ハイパー・メリトクラシー化のなかで』です。 多元化する「能力」と日本社会 ―ハイパー・メリトクラシー化のなかで 日本の〈現代〉13 作者: 本田由紀 出版社/メーカー: NTT出版 発売…

【二十四日目】読書感想 新井素子『グリーン・レクイエム』

こんにちは。今回紹介する小説は、新井素子『グリーン・レクイエム』です。表題作のほかに二作を収録した短編集ですが、ここでは『グリーン・レクイエム』の感想だけを紹介します。ネタバレもありますので未読の方は注意! グリーン・レクイエム (講談社文庫…

【二十三日目】読書感想 落合裕介(原作:高田侑)『うなぎ鬼』

こんにちは。 今回紹介するマンガは、落合裕介(原作:高田侑)『うなぎ鬼』です! ネタバレはなしです! うなぎ鬼 (1) (ヤングキングコミックス) 作者: 落合裕介,高田侑 出版社/メーカー: 少年画報社 発売日: 2015/07/08 メディア: Kindle版 この商品を…

【十九日目】読書感想 ルーシャス・シェパード『竜のグリオールに絵を描いた男』

こんにちは。 今回読んだ本はルーシャス・シェパード(内田昌之訳)『竜のグリオールに絵を描いた男』です。 竜のグリオールに絵を描いた男 (竹書房文庫) 作者: ルーシャス・シェパード,内田昌之 出版社/メーカー: 竹書房 発売日: 2018/08/30 メディア: 文庫…

【十八日目②】読書感想 福満しげゆき『就職難!! ゾンビ取りガール』

こんにちは。今回は漫画の感想です。 今回読んだのは福満しげゆき『就職難!! ゾンビ取りガール』です。 ネタバレはありません。 就職難!! ゾンビ取りガール(1) (モーニングコミックス) 作者: 福満しげゆき 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/12/20 …

【十三日目】読書感想 G.リッツァ『マクドナルド化した社会』

こんにちは。 今回は、G.リッツァ著、正岡寛司訳『マクドナルド化した社会』の読書感想です。 ちなみにこの本、原題は The McDonalization Of Societyで「社会のマクドナルド化」くらいの意味なんですが、この著者の他の邦訳本は『マクドナルド化する社会』…

【七日目】読書感想 水谷竹秀『だから、居場所が欲しかった。』

こんばんは。 七日目、連続更新達成です!とりあえず一週間は続けることができました。この調子で二週間目まで頑張ります。 さて、今回も読書感想文です。今回読んだ本は 水谷竹秀『だから、居場所が星かった。バンコク、コールセンターで働く日本人』 です…

【四日目①】読書感想 赤松利一『藻屑蟹』

どうやら三日坊主は脱せたようです。 さて、今回は最近読んだ本の感想を書きたいと思います。書評、というと大げさなので、読書感想文という感じです。 今回読んだ本は 赤松利一『藻屑蟹』です。 藻屑蟹(第1回大藪春彦新人賞受賞作) 作者: 赤松利市 出版…