精神の煮こごり。

毎日一回以上更新。次の目標は三ヶ月継続!

【二十日目】寝付けないときに眠れるようにするメソッド

布団に入ったらスッと眠れますか?
私は寝つきが良いほうで、日中に昼寝していようが直前にコーヒーを飲んでいようが、布団に入って横になったら5分後には寝てしまえるという特技を持っています。夜中に起きることもめったにありません。ただし、朝起きられないのと少しでも睡眠不足になると体調が著しく悪くなるという問題を抱えていますが……。

しかし!最近、なぜか前より寝つきが悪くなくなってしまいました。これでは困るのです。そこで、あれこれと手を打ってみると少し改善されたような気がします。今回は私が試してみた&普段から心がけている睡眠テクニックを紹介したいと思います。

 

アイマスクと耳栓を使う


夜行バスや機内泊でアイマスク&耳栓を使う人は多いと思いますが、日常生活の中でもわりと便利です。
耳栓は環境音を減らしてくれるので心を落ち着けやすくなるし、相部屋で寝ている場合は物音や寝言で起こされることもなくなります。Amazonなどでも売っていますが、おススメは100円ショップのセリアで売っている「おやす耳」という製品。ネーミングセンスは?ですが、耳につけたとき柔らかくて痛くならずコストパフォーマンスがよいのです。耳栓は直接肌に触れる消耗品ですので定期的に取り換える必要がありますが、100均なら懐が痛まないですよね。

 

 


アイマスクについては、家で使う用の肌触りの良いものが便利ですが、私が最近よく使っているのは桐灰化学株式会社が出している「あずきのチカラ」という製品です。これ、レンジでチンするとアイマスクの中に入った小豆がホカホカになり、目を温めてくれるというもの。あずきですのでほんのりおはぎの香りがします(笑)。ただでさえスマホなどで目を酷使する生活なので、疲労回復にちょうどいいです。あとはアイマスクをすることで「寝スマホ」を強制的に断てるというメリットもあります。

 

 


自分の呼吸に集中する


眠りに入る直前の思考って面白いですよね?私の場合、考えていることの脈絡がだんだんなくなっていき、思考というか空想が暴走するような状態になります。筋道が失われ、ちょっとした関連性でも頭に浮かんだもの同士が即座に結びついて、とりとめなく広がってく感じ。時々、それですごく面白い発送がパッと頭に浮かぶ時があって、そういう時は枕もとの紙に急いでメモするのですが、たいていはメモする気力がだせないまま眠りに引きずり込まれてしまいます。
で、最近の寝付けなさはこの「暴走」が抑えられているからだと気が付いたんですね。何か考え事をしていたときや不安があるとき、それがベットの中まで持ち込まれると頭がさえてしまって寝付けなくなる。そういうときは、羊を数えるのではなく、自分の呼吸に意識を向けるようにするといつの間にか眠れています。言語化が難しいですが、「吸って吐く」ことの繰り返しのリズムだけを心掛けるというか、自分の寝息を聞く、というイメージです。疑似的にでも「今は寝ているんだ」と思い込むことで眠りに落ちやすくなるのだと思います。

 


身体を動かしまくって疲れさせる

 

時間が自由に使える学生ならではかもしれません。私は普段運動をしないのでまったく体力がないのですが、ジョギングや筋トレを習慣化しようと過去試みたときはメチャメチャ疲労してすぐに寝てしまいました。これを逆手に取り、わざと運動で体を疲れさせることで眠りやすくするという作戦です。ただ体力がないうちは翌日まで疲労が持ち越されることもあるのがネック。


とりあえず、私はこの3つを試して安眠を確保しました。皆さんも寝付けないときは試してみては??この記事を書いている間にだんだん眠くなってきた……(笑)