精神の煮こごり。

毎日一回以上更新。次の目標は三ヶ月継続!

【四十日目】ファーウェイの副会長が逮捕されたらしい

こんにちは。もりひびきです。

電車で移動中、何気なく見ていたヤフーニュースでこんな記事を見つけました。

headlines.yahoo.co.jp

 

以前から、米のトランプ大統領がファーウェイの通信機器を同盟国に使用しないよう呼びかけたり、イギリスやニュージーランドが5Gネットワークの締め出しを行ったりとなにやら国際的なゴタゴタが多かったイメージでしたが、今回はついにアメリカが実力行使に動き出したようです。逮捕の理由は、米国が経済制裁を課しているイランに製品を輸出した疑いとされていますが、中国やカナダの法を犯しているわけではないので、これはある意味創業者の娘を人質に取った米政府の脅迫ともとれるかもしれません。

ただ、先日読んだファーウェイに関する書籍では、戦地や極地、インフラが未整備の途上国を真っ先に開拓していくのがファーウェイ流のビジネスのやり方だと書かれていたため、真偽はわかりませんが今回もそういう「新規開拓」を行っていたところだったのかもしれませんね。

 

nikogoriofmind.hatenablog.com

 

中国、およびファーウェイ本社は逮捕に対して抗議しており、何ら不正を行っているという認識はないと声明をだしているようですが、これに対して米国がどう返答するのかが気になるところです。中国の「一帯一路」に対する警戒という側面もあるかもしれません。なんにせよ、中米間の経済的な緊張の高まりが予測されます。

 

また、日本もソフトバンク基地局でファーウェイ製の機器を使用していますし、P20 liteなど売れ筋商品として各キャリアがスマホをプッシュしているという状況ですので、このニュースをきっかけにファーウェイ製品への何らかの働きかけがあるかもしれません。通信傍受などの疑惑の真偽はわかりませんが、「火のないところに煙は立たず」という表現もあるように、悪い事態を想定して対応しなければならないと個人的には考えています。もっとも、どこのスマホを利用したところでどこかの企業や国にビッグデータが吸い上げられることは仕方ないことではあるのですが……。