精神の煮こごり。

毎日一回以上更新。次の目標は三ヶ月継続!

【百一日目】約三か月ブログを書いた感想と今後の見通し

このブログを立ち上げた当初の目標は「一か月連続更新」。

つぎに立てた目標は「三か月連続更新」。

本当の節目は31+31+31の93記事目なのかもしれないけれど、なんとなくきりがよいので100記事目まで書いてみた。ただ、100記事を超えたタイミングで小さな変化がいくつか生まれ、今後を考えるのにいい機会だと思ったためここでいったん振り返りをしたい。

 

まず、上で書いた小さな変化とは何か。

1.ブログのPV数が1000人を超えた

人と比べると大したことはないのだろうが、1000という数は自分のなかで一つのヤマを越えたように思う。

2.読者の人がついた

ありがとうございます。読者の方がついてくれるだけでこんなにうれしいとは。

3.はてなブックマークがついた

いまいちはてなブックマークがどういうものなのかわかっていないけれど、どこかの方が初めて記事に対してコメントを残してくれたということなので、純粋に嬉しい。

 

次に、内的な変化について。

4.書く習慣がついた

修論の前後で追いつめられていたときに更新の空白期間ができてしまったことは反省している。しかし、クオリティは別として三か月間書き続けていると、特別に意識せずとも書く習慣がついた。これが一番大きい。

これは当初立てた目標「毎日更新すること」の達成でもある。また、三十一日目の記事に書いた「ネット上に文章を書くことに慣れること」という目標も、三か月の継続によって達成できたと思う。

 

5.自然な文体が定まってきた

結局、常体で淡々と書くのが一番性に合っているらしい。真面目すぎて面白味は薄いのだろうが、自然体でなければ続かないこともあるはずなのでこれはこれで良しとする。

 

反省点もある。

更新が面倒なときおざなりにしがちだったこと。ただしこのハードルの低さが更新を苦にさせなかった点でもある。また、下書きをほとんど有効活用できなかったこと。つまり記事のアイデアや構成を先にメモしておいて、手元で推敲してから公開、という流れが最も理想的なのだがそれができなかった。最後に、ブログのカスタムをする気力がなかったこと。ウェブに文章を書くことに慣れたらHTMLやCSSもぼちぼち勉強していこうとおもっていたが、そこまでは至らなかった。

 

さて、今後の見通しである。

まず、百日更新で習慣はできたから、記事タイトルの【○日目】は外す。これはわざと目立つように書くことで習慣化されるまでのモチベーション維持のねらいがあったからだ。ただし本当に習慣化されたかはもうちょっと長く続けてみないとわからないから、次は一年更新を目指す。

次に、更新頻度について。質の高い記事を毎日量産することは難しいので、質を高めるなら更新頻度を減らす必要がある。しかし、せっかく毎日書けるようになったのにこれをいったん切ると、まためんどくさがって更新しなくなるのは目に見えている。そこで、平日は毎日更新、休日は日曜だけ更新という暫定的なやり方をとることにする。休日は二日使って多少マシな記事を書こうという魂胆だ。ただし4月から仕事が始まると今のようなペースで書き続けられるか不安なので、とりあえず二月~三月でためしにまわしてみる。

 

前に書いたように、雑記ブログとして本の感想を中心にいろんな話題で書いていくのが一番無理なく更新できると僕は考えている。もし今後、専門的な記事だけをまとめたくなったら別のブログに株分けをするかもしれないが、当分はいまのブログ一本で続けることにする。管理を簡単にするためだ。

 

また、反省点にもあげたようにブログのデザインをちょこちょこいじっていきたいが、マルチタスクが苦手なので記事を書きながら作業するのは時間的に難しい。そこで、デザインをいじり始めたら数日~一週間は更新をとめてHTMLとCSSをごにょごにょするのに専念する。

 

以上、感想と見通し。